JULIAの「Royal Life」

貴族ボーカリストの実情 -Beautiful & Real Life Style Blog-

ロイヤル日記〜10.19〜出産レポートvol.6

 

ご機嫌よう

 

JULIAでございます

 

 

ようやく子供が出てきた、前回の続き

 

 

息子を抱いたのはほんの一瞬で

身体を綺麗にする為

すぐに別室へ連れていかれました

 

前々回の検診で言われていた通り

やはり首にへその緒が巻きついていたそうで

(ロイヤル日記〜9.21〜経過報告 - JULIAの「Royal Life」参照)

なかなか出てき辛かったみたい

 

平均より少し長いへその緒を見せてもらい

胎盤を出してもらいました

 

お腹を強めに押して出すのですが

これが痛いと言うか、言いようのない怖さで。。

 

ついさっきまで赤ちゃんの入っていた

9ヶ月間過剰に守ってきた

お腹を押すという行為だけで

戸惑ってしまうのでした

 

人によっては手を突っ込み引き剥がす必要があるそうなので

押すだけでできたことは本当に幸いなことなのですが…

 

出てきた胎盤は驚くほど大きく

ラグビーボール大のレバーの様でした(グロ注意)

 

その後は切開した会陰の縫合

 

先生から

局所麻酔か静脈麻酔、どちらが良いか尋ねられ

一瞬迷いましたが


全てを覚えておきたかったので

局所麻酔を希望しました

 

麻酔の注射も縫合もなかなか痛かったです

 

 

出産時の赤ちゃんは

産道を通るため

分かれている頭蓋骨を重ねて小さくし

それが赤ちゃんにとっても

大きな痛みを伴うそう

 

それを知った上で

わたしは絶対に痛いとは言わないと決めていたので

分娩中は耐え抜きましたが

 

もうお腹の中に赤ちゃんは入っていないので

聞こえることはあるまいと思い

張り詰めていた何かが切れてしまったのか

 

「う、いたたたた~〜」

 

 

と急にデリケートになるのでした

 

それから間もなく子宮の収縮が始まるので

二時間弱

点滴に繋がれ

一人、分娩室で休息

 

生まれたての赤ちゃんを抱くMASUMIをすぐに見られないのが

立ち会い出産ではないデメリットだと

当時感じたものです

(後でわかったのですが、生まれた当日はずっと新生児室にいて誰も触れることができなかったようです)

 

気が付けば応援に来ていた蜘蛛さんも何処かへ行き

 

うつらうつら半分眠っていたようです

 

頃合いを見て、助産師さんが点滴や鼻に繋いでいたチューブなどを抜き

分娩台から降りて個室に移動するように言われました

 

看護師さんが付き添ってくれて

ボロボロの身体を引きずるよう

 

よろよろしながら自力で分娩室を出るのでした

(なかなかのスパルタ)

 

分娩室の外にいたMASUMIは

そんな姿をみて少し戸惑っているように見えました

 

新生児室の前で少し立ち止まらせてもらい

ガラス越しに見る我が息子…

 

なんとも愛らしくて

ずっとずっと見ていたくて

この場を離れたくなかったので

 

まさに後ろ髪を引かれるよう

看護師さんに個室へ連れて行ってもらいました

 

この辺りから少し記憶が曖昧です

 

陣痛が始まりお産を終えた短時間で

開き切り、ぐらぐらになった骨盤が怖く

縫ったばかりの会陰の痛み

出血も多い中

 

意識朦朧としながら小一時間

個室のベッドで眠りました

 

ただただ

 

 

“やり遂げた”

 

我が人生に悔いなし・・・

 

 

と、まるで武士のように

力尽きたわたしなのでありました

 

 

 

MASUMIの家族が来てくれたので

19時頃に一度

自力で新生児室まで足を運び

我が子と再会しました

 

次の日から母子同室なので

いまは寂しいけれど

明日からどうぞよろしくね、と

 

後ろ髪を引かれるよう個室へ戻り(2回目)

 

母となった夜を迎えたのでした

(興奮して全然眠れませんでした)

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

f:id:julia_crossvein:20191014225218j:image

 

 

 

 

JULIA

 

 

 

 

 

 

 

ロイヤル日記〜10.17〜出産レポートvol.5

 

ご機嫌よう

 

JULIAです

 

前回の続き

 

 

MASUMIは別室にいるけれど

 

此処には命を助けた蜘蛛のご加護がある

 

流れる曲は

ベートーヴェン運命

 

 

わたしは思いました

 

 

“運命”の曲が終わるまでに産み出す…!!!

 

恐らく人生史上一番の渾身の力を込め

必死でいきみました

 

 

お願い、生きて出てきて

 

 

ただそれだけを考えていました

 

 

 

「はい!赤ちゃん出てくるよーー」

 

 

ツー、ツー、ツーーー

会陰を切開したのがわかりました

 

麻酔なしでも本当に気にならない痛み

 

いま思えばそれ程までに

分娩は凄まじいものだったのだと感じます

 

 

陣痛が激しく

いきんでいるときに切開したのかしら

 

切った直後

 

本当に赤ちゃんが出てきました

 

 

 

頭からゆっくり出てきたのではなく

 

一瞬で

 

 

「「 ぶるんッッッ 」」

 

 

 

と、一気に全身が出てきたのです

 

 

ドラマで見たり

想像していたのは

 

胎脂(赤ちゃんの皮膚を覆っている白い脂)と血液で塗れた

赤くて黒くてしわしわの

お猿さんのような赤ちゃん

 

産まれてすぐに背中を叩かれて泣きだす

 

そんなイメージでした

 

 

わたしの赤ちゃんは泣きながら出てきて

 

そしてその泣き声が

 

「みゃぁああぁん! !みゃあぁあああん!!!!」

 

と、猫のようで愛らしく

 

まるでさっきシャワーを浴びてきたかのように

見た目もつるんとしていて

 

顔立ちもはっきりしており

 

 

(嘘でしょ?!?!)

「かわいい……!!!!!!」

 

と、思わず口に出してしまう程

 

 

待望の初対面だったので

もっと素敵な言葉をかけてあげたかったのですが…

 

 

 

気がつけば

BGMは 運命 ではなく

 

第九

 

歓喜の歌 ”

 

あまりにも完璧なシチュエーションでしたが

 

歓喜の涙を流すわけでもなく

 

この腕で初めて我が子を抱くことの高揚感

そして成し遂げた達成感で

 

しばらく頭がふわふわしていたような気がします

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

f:id:julia_crossvein:20191014221907j:image

 

 

 

 

JULIA

 

 

 

 

 

ロイヤル日記〜10.15〜出産レポートvol.4

 

 

ご機嫌よう

 

JULIAです

 

 

こちらは息子が産まれる一ヶ月前の超音波検査の写真

 

f:id:julia_crossvein:20191011210816j:image

 

 

ライオンキングのシンバに似ている…

 

と思っていました

 

 

心なしか

手のポージングがメロイックサインに見えますね

 

さすがわたし達の子供です

 

 

 

それでは前回の続き

 

 

わたしが出産した産婦人科

MASUMIが生まれた病院

 


担当してくださった副院長先生は

当時MASUMIを取り上げた女医さんです


彼のお母さんに教えてもらい

迷いなく此処で産もうと決めました

 

いざいきむまでの長い時間

マンツーマンで対応し

出産まで導いてくださったベテラン助産師さんは

副院長先生のご親戚だそうで

 


「こんな弱い力だと赤ちゃんが出てこられないよ!」

「そうそう、今のとっても上手!もう一回いこうか!!」と


厳しく、優しく

力強くサポートしてくださりました

 

 

がむしゃらに力を込めすぎて

胃酸が逆流してしまっても

全く動じず

謝り続けるわたしに

 


「いいんだよ!

出せるものは全部出し切った方がいいのだから!!!!」

と、励まし続けてくれました

 

 

 

分娩台に上がって間もなく

既に赤ちゃんは下の方に降りてきており

髪の毛が見えていたそう

 

 

ひとしきりいきんだ後

 

切開したり
赤ちゃんを取り上げたり

胎盤を出したり、縫合したり

 

仕上げや後処理は副院長先生がなさるので

 

それまで助産師さんが

手で子宮口を拡張したり(?)

赤ちゃんがスムーズに出てくれるよう

全力で対処して下さいました

 

 

陣痛室でのひたすら痛みに耐える耐久レースとは違い

 

この時間はまさに

身一つで全力でぶつかる奮闘劇

 

気がつけば呼吸法なんてすっかり忘れ

一心不乱で力を込めていました

 


20分ほどが経ち

ようやく副院長先生が登場

 

というよりも降臨

 

 


仏様、女神様、母なる大地……

 

 

ありとあらゆる全ての慈悲を集めたような雰囲気を纏い

後光が差しているように見えました

(元々聖母のようだと有名な名物ドクターでしたが)

 

 

「上手にできてるよ〜

もうすぐ赤ちゃん産まれるからねー!」と

 

明るくゆったりした口調と

柔らかい笑顔で

わたしに希望の光を与えてくれました

 

 

3,40秒毎に訪れる陣痛に合わせて

いきむこと幾数回

 

しかしわたしには

赤ちゃんが出て来ている実感がまるでなく

途方に暮れそうになりました

 

痛みに耐えることに体力を使い過ぎたのか

手を握りしめ

足を踏ん張り

下半身に全精力を注いでも

 

全くと言っていい程、力が足りていないと

自分自身感じていていました

 

半死半生の状態で

ふと脇に目をやると

あるものが目に入ったのです

 

 

 

 

壁に、あの時(MASUMIが)助けた蜘蛛が……!

 

 

力尽きそうなわたしを励ましに

応援に来てくれたのかしら。。

 

これは何かご利益があると感じた単純なわたしは

タイミングよく流れ出した

ベートーヴェンの曲

 

交響曲第5番

 

「運命」

 

に導かれるよう

 

最後の力を振り絞ったのです

 

 

 

わたしと赤ちゃんの運命や、如何に・・・

 

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

JULIA

 

 

 

 

 

 

 

ロイヤル日記〜10.13〜出産レポートvol.3

 

ご機嫌よう

 

JULIAです

 

 

前回の続き

 

 


陣痛促進剤を打ち

本格的な痛みが襲ってきたころ


助産師さんが

「こんなものじゃないよ~

これからは痛くなるよ~」

と煽りに来られ


すぐにLevel.8程の痛みに。。

 

 


長い妊婦期間中

 


出産に関する無数の体験談や記事を読み

何度も脳内でシミュレーションしました

 

その中にはもちろん

不安になってしまうような情報もあり

 

"尋常ではない痛みのせいで

我を忘れて家族や医療従事者に暴言を吐いてしまった"


"痛みを誤魔化したいがために

髪の毛を引っ張り過ぎて抜けてしまった"

 

"目を瞑っていきむと顔に力が入り過ぎて毛細血管が切れ、顔中に黒い点々ができる"


などなど…


全ては子供を産むために奮闘した証なので

決して人ごとではありませんでした

 

 

しかしわたしの性格上

一度音を上げてしまうと止まらなくなってしまうでしょう

 


更にはわたしはメタルボーカリスト


叫び声を上げてしまうと

フロア全体にとんだ迷惑を掛けてしまうかも…

 

と懸念し


自身の中で決めていたことがいくつかあります

 

 

母がわたしを産んだとき

一度も痛いと言わなかったことを

今でも誇りに思っているそうなので

 

 

・痛いと言わない

・自分を見失わない

・周りに当たったりしない

・できる限り淑女で居続ける

 


これらを守ろうと

冷静に深呼吸し

痛みをやり過ごそうと努めました

 

 

MASUMIが、時々声を漏らしてしまうわたしに

「何かできることはある?」

と聞いてくれたところ


わたしは非常用に常備されていたヘルメットを指差し

「あれでも被って、待ってて…」

 


と弱々しく言い放ち

 

彼は本気で被るか悩んだという話を後で聞かされました(いまいち記憶にないのです)

 

 

途中、わたしのお腹の上に黒くて小さい蜘蛛が登ってきて

息絶え絶え、MASUMIに助けを求めたら

 

「あらあら、蜘蛛さん〜」

と言ってペーパーで優しく包み

陣痛室の外に出す彼を見て

 

こういうところが好きになったのだっけ…

など意識朦朧としながら思っていたのを覚えています

 

 

そうこうしているうち

時刻は11時前に

 

とてつもなく長く感じた

約一時間半


陣痛は

お腹に痛みを感じる人

腰に痛みを感じる人


それぞれ別れるそうですが 


わたしは思い切り腰に来た人

 

例えるならば
熱々の鉄の杭を腰全体に押し付けられているかのような痛み

 

 

普段肩こりや腰痛など無縁の人間だった為初めて痛む箇所にどう対処すれば良いのか

和らげる方法も最後までわからないまま

分娩を迎えました

 


まず、分娩台まで自力で歩き登らなくてはならない

それがかなりの苦行でしたでしたが

 

これで、ようやくいきむことができる

 

分娩が一番辛く大変なイメージでしたが

ここまで来れば解放感に近かったように感じます

 

 

 

 

f:id:julia_crossvein:20191011115359j:image

 

 

載せるか悩みましたが、記録として…

 

計二時間程、お世話になった陣痛室にて

 

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

JULIA

 

 

 

 

 

 

ロイヤル日記〜10.11〜出産レポートvol.2

 

ご機嫌よう

 

JULIAでございます

 

 

前回の続き・・・

 

 

陣痛が来てから3,40分後の

朝の5時過ぎ


事態に気が付いたのか

途中でMASUMIが起きたので

陣痛の間隔を計り

二人で様子をみていました

 


「破水って、赤ちゃんを包む膜が破れて羊水がでてくるのよ」

 


なんて話しをしていたら

MASUMIが井上陽水のモノマネをし始めてそれが可笑しくて笑っていると

 

「来る……!!!」

 

と何故か本能的に察知し

即座にベッドに敷いていたバスタオルを床に落とし、その上で破水しました(100点満点)

 


陣痛タクシーに連絡をしたところ

登録済みだったので迅速に対応していただき

 

電話先の方は、わたしを落ち着かせようと

とても優しい口調だったのが印象的でした

 


ついに出産を迎えるのだと、胸が熱くなり

心の準備も整った頃

 


10分程で送迎が来て

MASUMIと病院まで向かいました

 

 

 

6:30頃

朝日が綺麗で


こんな天気の良い日に産まれて来てくれるのね、良かった

 


なんて考えていたら到着

 

 

 

体重と血圧を測り

陣痛室へ通されたと思えばすぐに分娩室へ移動

 

NST ( ロイヤル日記〜9.27〜NST - JULIAの「Royal Life」を参照)を装着し

子宮口の長さを計ってもらったところ

凡そ4~5cmとのこと

 


10cmで全開になり、ようやく分娩が始まるのですが

それまで時間を要する人

あっという間に開く人など様々

 

初産の割に

陣痛が始まってからここまであっという間だったので

「恐らくお昼頃には産まれるでしょう」

と言われ

激しくボルテージが上がりました

 

立ち会いに関しては

MASUMIと事前に話し合い

 

わたしは苦しんでいる姿も見せたくないし

心置きなくお産に励みたいと伝え

 

彼も、自分は見ない方がいいと思う

 

とのことだったので

MASUMIは陣痛室で待機

 

わたしは子宮口を定期的にチェックするため

分娩室で陣痛とプチ奮闘

 

分娩台に上がってからの一時間半

陣痛が約4,5分おき

40秒程痛みが襲いましたが

痛みのない間は

BGMで流れていたタイタニックのテーマソング

"My Heart Will Go On"

のインストに合わせて口ずさんでいた程の余裕がありました

 

しかし子宮口の開くペースがスローダウンしてきたとのことで

急遽、陣痛促進剤の点滴を打つことに…

 

これが物凄い激痛を伴うとの情報をネットで仕入れていたので少し身構えましたが

その分早く赤ちゃんに会えるとのことで

喜んで承諾したわたし

 

果たしてどれほどの痛みを伴うのか。。。

 

点滴を入れて

一旦MASUMIのいる陣痛室で

耐え忍ぶのでした

 

 

 

f:id:julia_crossvein:20191011105916j:image

 

大切な人たちから頂いたお花

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

JULIA

 

 

 

 

 

 

ロイヤル日記〜10.9〜出産レポートvol.1

 

ご機嫌よう

 

JULIAでございます

 

 

出産した9/30

外の気温はまだ30度近くあり

退院日は10/4

 

たった5日間でしたが

体感的には2,3週間いたような気分

 

気が付けば

季節は秋になっていました

 

きっとあっという間に秋も過ぎ去り

冬が来て

春を迎え…

 

 

慌ただしい日々を送ることになりそうなので

いまの気持ちを忘れないよう

自分自身のために

少しずつではありますが

出産レポートを書くことに致しました

 

まずは出産の前日に遡ります

 

妊婦用語では

"陣クス"という

陣痛が来るためのジンクスがあり

 

代表的なのは

 

・焼肉を食べる

オロナミンCを飲む

・スクワットをする

 

など色々な説があるとのこと

 

予定日を超過したり

そろそろ生まれて来てほしいなぁ

というタイミングの時などに

行う人が多いそうです

 

おしるしが来てからのわたしは

ずっとそわそわ…

 

入院バッグの中身を整理したり

度々スクワットを試みてみたり(ほとんどできませんでした)

夜はお肉を中心にスタミナの付きそうな

お夕食を頂きました

 

就寝前は

明日産まれるかもしれないからと

MASUMIと出産後の手続きについてなど

改めて細かく話し合ったり

 

横になり

 

「もうすぐ会えるわね

どうか元気に産まれてきてね」

 

と、お腹の赤ちゃんにたくさん話し掛けました

 

 

個人的にお産に繋がった

一番決定的だと感じているもの

 

それは

 

母が安産祈願をしてくれたお寺でいただいた

護符を飲んだこと

 

それはとても小さな"梵"の文字が三つ書かれてあり

妊娠五ヶ月目の戌の日に一文字切り取り

水に浮かべ

安産を祈りながら飲み

 

残りの二文字は臨月に飲むというもの

 

 

実は臨月に入った時に、この護符をどこにしまったのかが思い出せず

ずっとずっと気掛かりだったのです

 

しばしばクローゼットや引き出しなど

探し回ってはいたのですが見つからず

 

しかし、いざおしるしが来たことで

わたしに何かしらのスイッチが入ったようで

すぐに見つけることができました

 

お祈りをし文字を飲み込み

ようやく心置きなくお産を迎えられると思ったのが

陣痛に繋がる

気持ち的に大きなきっかけだったのではないかしら

 

 

こうして眠りにつき

早朝 4:30に陣痛がはじまったのでした

 

 

 

 

つづく

 

 

 

f:id:julia_crossvein:20191009114012j:image

 

 

 

 

JULIA

 

 

 

 

 

ロイヤル日記〜10.7〜Birth of Prince

 

ご機嫌よう

 

ママになりました

 

JULIAでございます

 

 

 

先週の9月30日に

ついに待望の赤ちゃんが誕生しました

 

予定日は10月7日の今日だったので

丁度、一週間早い出産

 

 

前日の夜におしるしが来たため

夜は栄養のあるものを摂り

 

破水しても構わないよう

ベッドや周りにファブリック類を完全装備

 

 

その甲斐あってか

9/30の朝4:30頃

重たい腰の痛みで目が覚め

時間の間隔を計り

 

6:05 破水

 

陣痛タクシーを呼び

病院に到着したのは6:40頃でした

 

MASUMIも同行し

陣痛室でサポートしてくれましたが

 

元々、お互い立ち会いは希望していなかったので

産まれるまで陣痛室で待機

 

 

それから、あれよあれよと言う間に分娩が始まり

 

11:33に元気な男の子が産まれました

 

 

対面し、この手で抱いたときに

どんな言葉をかけるか

ずっと長い間考えていました

 

 

「この世界へようこそ…🌹」

 

「やっと会えたわね…!👸」

 

などなど

 

妊娠中、思い巡らせていたのですが

 

いざ咄嗟に出てきた言葉は

 

 

 

 

 

 

 

 

「かわいいいいいいいいいい!?!!!!!」

 

 

 

なんて、人並みのセリフでした

 

誕生直後の赤ちゃんは皆んな

赤くて黒くてしわしわで

胎脂という白い脂と血に塗れていて

小さなお猿さんのような見た目だと思っていたのですが

 

生まれた瞬間からつるんとした身体で

髪の毛もある

テレタビーズのような子が出てきて

 

驚きつつも

まるでドラマや寸劇のようだと

感じたことを覚えています

 

出産当日の赤ちゃんは新生児室で過ごす決まりになっていたので

 

わたしは誕生の瞬間に抱いたのと

 

病室に移動する途中

少し見ることができたくらいで

 

お見舞いに来てくれた家族の方が

ゆっくり見られたとのこと

 

その日の夜は会陰切開の痛みと

大量のアドレナリンが出ているせいで

殆ど眠れず

 

MASUMIが送ってくれた

赤ちゃんの動画をひたすら見てすごしました

 

二日目から母子同室

 

個室のため

誰の目も気にせず

我が子を愛でて

抱っこしたり

写真を撮りまくってしまう

わたしなのでありました

 

f:id:julia_crossvein:20191007103259j:image

 

 

また時間があるときに

 

詳しい出産レポートでも書きたいと思います

 

 

とりあえず今、伝えたいのは

 

元気に産まれてきてくれた息子と

支えてくれたMASUMIと

 

誕生を心から喜び

駆けつけてくれた

家族

友人

 

また

妊娠中、励ましの言葉を掛けてくれた方

 

お祝いのメッセージやコメントを下さった方々の皆様に

 

心より感謝申し上げます

 

 

 

 

これからが本当の始まり

 

 

 

 

 

JULIA