JULIAの「Royal Life」

貴族ボーカリストの実情 -Beautiful & Real Life Style Blog-

マタニティライブ回想記 3月

ご機嫌よう

 

JULIAでございます

 

 

昨日、わたしの禁断のマタニティ姿を公開し

 

“もうこんなに大きいの?!”

 

というお声を多数いただきました

 

 

 

そうですよね

 

つい半月前までステージで変わりなく歌っていたのですから

 

 

発表までは変化を感じさせないように努めていたので

わたしにとっては最高の誉め言葉です

 

 

ありがとう…!!!

 

 

 

さて

 

妊娠が発覚してから ライブ活動お休み前までの期間

 

 

どう過ごしてきたのか

 

どのような状況でライブをこなしてきたのか

 

少しづつ振り返ってみましょうか

 

 

 

あくまで一例として

 

現在妊娠中のミュージシャン、アーティスト、またお仕事をされている人

 

また、将来子育てを考えている方々にとって

 

少しでも参考になれば嬉しいです 

 

 

 

 

 

三月

 

 

 

 

妊娠が発覚して間もなく

 

ニューシングルリリース


True Castle Tourがスタートしました

 

メンバー達にお話ししたのはツアーの始まる直前でしたね

 

 

楽しみにしていた、大好きな遠征


2019年、早くもわたしにとって最初で最後になるであろう

 


名古屋&大阪公演

 


タイミングが悪く、悪阻の真っ只中ではございましたが

 

ステージではコンディションも良く


どちらも記憶に残る良いライブとなったと思います

 

 二日酔いのKeiTaroよりも、十分元気な状態で臨めたはず

 

 

名古屋公演では本番前に

 

「このお腹の中に命が宿っている状態でステージに立つのね・・・」

 

と、なんだか感慨深い気持ちになったものです

 

 

 

 

f:id:julia_crossvein:20190616083529j:image

 

 

 

 

ほんの少し、下腹部が膨らんできましたが

ドレスがハイウエストなデザインのおかげでしばらくカバーできました

(このタイプの衣装を選んだ二か月前のわたし、神)

 

 

 

この頃は常に、胃に何かしら入っていないと気持ちが悪くなってしまうので

 

大阪公演ではインスト曲の  "Suite Museum" を皆が演奏している中

 
バックステージで急いで

エネルギーチャージ(たこ焼きを食す)

したのが密かな思い出です

 

 

 

段々とお腹も目立ってきて

 

衣装が窮屈になり始めたのは

 

3/16の下北沢Garden劇場でのサーキットイベントからだったかしら

 

  

お腹が膨らんでも歌うこと自体に大きな影響は感じませんでしたが

 

いままで体型に気を付けていた分


急激に体重が増え

 

 わたしのシンボルであるドレスが大きなハードルとなってしまったのです

 

 

今更ゆるりとした衣装に変えるわけにもいかず

 

非現実的な世界観を極めれば極めるほど

 

私生活や私情は表に出し辛いことを改めて実感し

 

この期に及んで自分で自分の首をしめてきたことに苦悩するわたし・・・

 

 

 

バンドも私生活もロイヤルファミリーとして確立させることが

 

新たな課題となったのでありました

 

 

 

 

続きはまた次回ね

 

 

 

今日も良き日を

 

 

 

 

 

JULIA