JULIAの「Royal Life」

貴族ボーカリストの実情 -Beautiful & Real Life Style Blog-

ロイヤル日記〜10.7〜Birth of Prince

 

ご機嫌よう

 

ママになりました

 

JULIAでございます

 

 

 

先週の9月30日に

ついに待望の赤ちゃんが誕生しました

 

予定日は10月7日の今日だったので

丁度、一週間早い出産

 

 

前日の夜におしるしが来たため

夜は栄養のあるものを摂り

 

破水しても構わないよう

ベッドや周りにファブリック類を完全装備

 

 

その甲斐あってか

9/30の朝4:30頃

重たい腰の痛みで目が覚め

時間の間隔を計り

 

6:05 破水

 

陣痛タクシーを呼び

病院に到着したのは6:40頃でした

 

MASUMIも同行し

陣痛室でサポートしてくれましたが

 

元々、お互い立ち会いは希望していなかったので

産まれるまで陣痛室で待機

 

 

それから、あれよあれよと言う間に分娩が始まり

 

11:33に元気な男の子が産まれました

 

 

対面し、この手で抱いたときに

どんな言葉をかけるか

ずっと長い間考えていました

 

 

「この世界へようこそ…🌹」

 

「やっと会えたわね…!👸」

 

などなど

 

妊娠中、思い巡らせていたのですが

 

いざ咄嗟に出てきた言葉は

 

 

 

 

 

 

 

 

「かわいいいいいいいいいい!?!!!!!」

 

 

 

なんて、人並みのセリフでした

 

誕生直後の赤ちゃんは皆んな

赤くて黒くてしわしわで

胎脂という白い脂と血に塗れていて

小さなお猿さんのような見た目だと思っていたのですが

 

生まれた瞬間からつるんとした身体で

髪の毛もある

テレタビーズのような子が出てきて

 

驚きつつも

まるでドラマや寸劇のようだと

感じたことを覚えています

 

出産当日の赤ちゃんは新生児室で過ごす決まりになっていたので

 

わたしは誕生の瞬間に抱いたのと

 

病室に移動する途中

少し見ることができたくらいで

 

お見舞いに来てくれた家族の方が

ゆっくり見られたとのこと

 

その日の夜は会陰切開の痛みと

大量のアドレナリンが出ているせいで

殆ど眠れず

 

MASUMIが送ってくれた

赤ちゃんの動画をひたすら見てすごしました

 

二日目から母子同室

 

個室のため

誰の目も気にせず

我が子を愛でて

抱っこしたり

写真を撮りまくってしまう

わたしなのでありました

 

f:id:julia_crossvein:20191007103259j:image

 

 

また時間があるときに

 

詳しい出産レポートでも書きたいと思います

 

 

とりあえず今、伝えたいのは

 

元気に産まれてきてくれた息子と

支えてくれたMASUMIと

 

誕生を心から喜び

駆けつけてくれた

家族

友人

 

また

妊娠中、励ましの言葉を掛けてくれた方

 

お祝いのメッセージやコメントを下さった方々の皆様に

 

心より感謝申し上げます

 

 

 

 

これからが本当の始まり

 

 

 

 

 

JULIA