JULIAの「Royal Life」

貴族ボーカリストの実情 -Beautiful & Real Life Style Blog-

ロイヤル日記〜9.13〜ライオンキング

 

ご機嫌よう

 

JULIAでございます

 

 

9ヶ月を過ぎる頃には

赤ちゃんが動くスペースが限られてくるので

胎動が少なく感じてくる

 

と、耳にしていたのですが

 

 

そんな気配は全くなく

相変わらず元気に動き回っています

 

出産後

なかなか足を運ぶことができなくなるであろう

娯楽の一つ

 

映画納めに

 

ライオン・キング

 

超実写版

MASUMIと観に行って参りました

 

長時間の着席は

体制的にかなり辛くなってきた為

 

今回は特別に貴族シート

 

 

f:id:julia_crossvein:20190912150256j:image

 

ほぼフルフラットにできるので

とっても快適

 

スリッパも付属されており

お化粧室にも気軽に行ける

素晴らしい環境でした

 

上映前は

専用のプライベートラウンジで

飲み物やアペタイザーをつまみながら、のんびり待機

 

時間になるとスタッフの方が席まで案内してくださり

ラウンジの飲み物もそのまま運んでもらえるという

なんとも至れり尽くせりのサービス

 

唯一の欠点は

 

居心地が良すぎて否が応でも眠たくなってしまう

 

ことでしょうか。。。

 

ライオンキング実写化決定

の情報を知ってから

あれ程楽しみにしていたにも関わらず

 

星空のキレイなシーンに連動するが如く

寝落ちしてしまいました…

無念。。。

 

しかし、内容は本当に素晴らしい!

(覚えている限りでは)

 

何がCGなのかわからないほどリアルな質感(アニマル感?)で

気分はまるでサバンナにいるよう

 

アニメーションの方が感情移入し

楽しく観られる部分はありますが

 

実写故に自然の厳しさであったり

シンバや登場キャラクターの境遇をリアルに感じました

 

再現度の高さはさすがディズニー

 

 

MASUMIは、良くも悪くも

CS放送のドキュメンタリーを観ているようだった

と言っていましたが、それも頷けます

 

シーンによっては

ナラやお母さんなどの雌ライオンの見分けがつかない程でしたから

 

原作にかなりの愛着がないと

リアル過ぎるが故に

ドキュメンタリー番組に見えてしまうかもしれません

 

だからこそ原作ファンに特にお勧めしたい映画であり

 

兎に角、大画面で観る価値のある作品でした

 

 

f:id:julia_crossvein:20190912153405j:image

 

もう、この画だけで泣けてきます・・・

(途中寝てた分際なのにね!)

 

 

それでは今日も

素敵で自然溢れる一日を

 

 

 

 

JULIA