JULIAの「Royal Life」

貴族ボーカリストの実情 -Beautiful & Real Life Style Blog-

ロイヤル日記〜9.25〜回想記

 

ご機嫌よう

 

ベビー用品が一通り揃い

 

入院セットも玄関に置き

 

「もういつでも出てきていいのよ〜」

と、毎日お腹に語りかける

 

JULIAでございます

 

 

母の城で羽根を伸ばしていたあの日々から

一ヶ月も経っていないのに

 

一日一日が長いせいか

 

なんだか幻を見ていたよう…

 

 

わたしの故郷は

Door-to-Doorで移動時間は約5時間

 

里帰り出産ではないので

時期的にギリギリだったように感じます

 

わたし個人の体感的に

妊婦さんが三時間以上の移動を要する場所へ訪れるなら

妊娠8ヶ月目くらいまでに済ませることをおすすめします

 

 

家族や友人と食事に出かけ

ゆっくり語らうことはとても大切

 

ここ一ヶ月は

何でもない日常が

本当に特別に感じるようになりました

 

日常でありながら

それらが、かけがえのない時間だという意識一つで

感じ方が大きく変わったのです

 

後悔のないよう

いつになく場所や雰囲気も厳選し

前もって時間を作ってもらい

過ごすことができた穏やかな時間は

今後において

きっと良い思い出になることでしょうね

 

 

少し前までは

ホルモンバランスの乱れのせいか

センチメンタルな気分になってしまうときもしばしば…

 

 

50cmサイズの小さな小さな

新生児用の服を畳んでいるときなど

 

母もこんな風に大事に扱ってくれていたんだろうな、とか

何でもないことを結びつけて

うるっときてしまう時があったり…

 

とは言っても

チェストの中身を

ベビー服やベビー用品に詰め替える

その作業が楽しくて

気持ちもかなり切り替わり

心の準備も整って来た

今日この頃です

 

 

皆様も家族や大切な人との

当たり前に過ごせる時間を

特別なものだと感じて過ごしてもらえますように

 

今日もスペシャルな一日を

 

 

 

f:id:julia_crossvein:20190925102316j:image

 

 

母としばしの二人きりのランチ納めの時

いただいた鴨肉のソテーを添えて

 

 

 

JULIA