JULIAの「Royal Life」

貴族ボーカリストの実情 -Beautiful & Real Life Style Blog-

ロイヤル日記〜10.30〜産後1日目

 

ご機嫌よう

 


JULIAでございます

 

 

 

出産を経た当日の夜は

"経産婦あるある"

 

かつてないほど流れ出すアドレナリンと

会陰切開の痛みにより

眠れぬ夜を過ごしました

 

次の日から母子同室で

寝る間もない日々が続くので

少しでも休まなくてはと

頭では理解していたのですが


この日は赤ちゃんとはゆっくりと対面が出来なかったので

ガラス越しでMASUMIが撮ってくれた

沢山の写真や動画を

ひたすら延々と見入っていたものです

 


人生において一番と言える程の大仕事を経た次の日は

 

一日ゆっくり休んでいたいところ

 

しかし

 

母親に休みは無し。。。

 

 

 

朝7時にボリューミーな朝食が運ばれてきて


8時には子宮吸収の具合や

傷口などの診断


その後は立っているのも辛い中

沐浴の指導を受け


シャワーを浴びる許可がでたので

9時半頃 恐る恐る全身を流し

 

10時半にはプランに組み込まれていた

アロマフットマッサージ

 

病院の一角がバリのリゾート風の空間になっており

一時間たっぷりとマッサージをしていただけました

 

マッサージが終わるとお部屋に戻り

全身の痛みに悶えながら

メディキュット(着圧ソックス)と奮闘

着替えや靴下を履くという当たり前の動作でさえ

なかなか大変なものでした

 


そして12時に昼食が運ばれて来たと同時に

突如お部屋に降臨してきたわたしのリトルエンジェル(息子)

 


「また会ったわね……

 

ようこそ!!!👸」

 


なんて堂々と迎え入れたいところでしたが

 


またもや興奮と緊張感で咄嗟に出てきた言葉は

 


「わーーー//////////

 

こ、こんにちは〜〜~\(//∇//)\」

 


なんて月並みなセリフでした

 

 

一息つく間もなく

授乳の指導やオムツ交換のレクチャーを受け

看護師さんは颯爽と退出

 

ようやく落ち着いて

我が子とゆっくり対面できました

 

 

今日からこのお部屋で二人きり


退院したら三人での暮らしが始まるのです

 

 

ベビーベッドの中

静かに眠る

とても小さな赤ちゃんに

ゆっくりとそっと触れて


胸のときめきが止まらず

心がじんわりとあたたかくなっていくのを感じました


(昼食はすっかり冷めてしまいました)

 


午後はミルクのメーカーの専門家の方が

栄養価についての説明や

作り方を教えに来てくださり


そのまま暗くなるまで

見よう見まねで覚えた

オムツ交換をし

ミルクをあげて

そして授乳の練習を繰り返すのでありました

 


入院2日目にしては

なかなかのハードスケジュール

 

しかし
退院してからいきなり全てのお世話をするのは

ハードルが高いですし


病院にいるかぎり

何かあれば

看護師さんが助けてくれるので


この流れが最適なのだろうと思いました

 

また

母体はどんなにボロボロでも

我が子のためなら動けるよう

本能に備わっているのねと

実感したのでした

 


そうこうしていたら

公務を終えたMASUMIが来てくれて

 

今度はわたしが

覚えたばかりの一連の流れを彼にレクチャー


落ち着いた頃


我らがロイヤルファミリー


KeiTaroがお見舞いにきてくれました

 


赤ちゃん言葉を巧みに操り

何故か抱っこやあやし方が完璧なKeiTaroに

すっかり安心し懐く我が子…

 

 

19時頃 運ばれて来たお夕食は

出産後のお祝い御膳

 


はしゃぐ王子三人を横目に

せわしなく頂くのでした

 

 

それにしても
こんなに達成感を味わえるお食事ってあるかしら?

 

本当に本当に美味しくて

厨房の方たち一人一人と握手をして回りたいくらい…

 

どうしてもお礼を伝えたくて

しかし便箋などは持ってきていなかったので

 

王子達が帰った後

 

仕方なく簡易なメモ用紙にメッセージを書き

添えておきました

 

個人的に入院中

唯一持ってくるべきだったと悔やんだのが

メッセージカードでしたね

 

 

その夜

わたしは小さな王子が眠る

小さなベッドをくっつけて

横たわり

 

胸の高鳴りが治らないまま

またもや眠れぬ夜を過ごしたのでした

 

 

KeiTaroは我が城のベッドで

MASUMIと一緒に仲良く眠ったとのことです

 

。。。

 

 

 

f:id:julia_crossvein:20191030101642j:image

 

 

 

 

JULIA