JULIAの「Royal Life」

貴族ボーカリストの実情 -Beautiful & Real Life Style Blog-

ロイヤル日記〜7.11〜

 

ご機嫌よう

 

JULIAでございます

 

昨日はリハーサルでした

 

 

f:id:julia_crossvein:20190712101952j:image

こっち見るな的写真

 

 

 

来たる7/15(月祝)

ついに始動する

 

「Princes of CROSS VEIN」

 

ゲネプロ&映像の素材撮り

 

 

わたしの役目は5,6個設置したカメラに写り込まないように見学

 

あとは勝手にメンバーそれぞれのズームインを撮っていました

 

 

f:id:julia_crossvein:20190712100534j:image

 

しんちゃんの髪色がまたもや進化していたわ

 

 

間近で集中して見ていると

 

力強さというか

物理的なパワーだけではなく

 

凛とした顔つきや堂々とした姿勢が

出会った頃と別人のようで

 

成長をしみじみと感じ

嬉しくて

 

 

ああ、これが母性というものなのかしら・・・

 

 

と、母性とはかけ離れたプリンセス脳さえ勘違いさせたほど

 

日々変化を遂げる

魅力的なドラマーです

 

日頃の筋肉体操のお陰か

ドラムスティックの木屑が

常に元気に舞い散っていました

 

 

 

f:id:julia_crossvein:20190712102329j:image

 

Yoshiくん作の新曲も初合わせだったのですが

考えてみれば共に活動してきて10年

彼のインスト曲を聴くのは初めて

 

 

リーダーならではの世界観溢れたSEには

毎回感動を覚えるのですが

 

皆で演奏するインストは新鮮で

尚且つYoshiくんらしさも散りばめられており

 

こんな感じになるのね…!

 

と、静かに興奮していました

 

 

 

既存曲のインストカバーは

ボーカリストの立場からみると

何故か毎回うるっと来てしまうのですよね

 

ボーカル不在の穴埋めではなく

 

確実にインストならではの見どころや

楽器隊それぞれの良さが際立っていて

 

聴いていると

自然とこれが原の曲かしら

と錯覚してしまうような。。。

 

 

歌っていると

ステージングやオーディエンスに集中してしまうので

メンバーの皆が周りにいることを当たり前に感じてしまいますが

 

インストバンドとして

一観客の視点で見てみると

 

皆の表情や感情の乗せ方を感じることができ

 

生き生きと奏でる姿に

一々心揺さぶられてしまうのです

 

 

誤解を招きたくないので

はっきりと言いますが

 

寂しさやもどかしさは一切感じないのです

 

 

演奏を観ている間は

「迷惑をかけてごめんね」

という感情も忘れてしまいそうになる

 

それくらい皆

生き生きと音を楽しんでいるように感じます

 

 

どんなステージになるのか

これから楽しみですね

 

 

f:id:julia_crossvein:20190712104751j:image

 

 

CROSS VEINを好きであればあるほど

 

面白さを感じてもらえるのではないかしら

 

お見逃しなきように

 

 

 

 

それでは今日も

 

素敵な音に溢れたよき日を

 

 

 

 

 

JULIA