JULIAの「Royal Life」

貴族ボーカリストの実情 -Beautiful & Real Life Style Blog-

ロイヤル日記 〜8.20〜ベルサイユのばら

 

ご機嫌よう

 

 JULIAでございます

 

 

教養を高めるため

読書に励む毎日

 

 

といっても近頃

どっぷりと読み耽ってしまっていたのは

耽美な乙女の聖書(と言う名の漫画)

 

 

ベルサイユのばら

 

 

f:id:julia_crossvein:20190819213946j:image

 

 

恥ずかしながら

初めて読んだ時は

10年以上も前

故にうろ覚え

 

歴史的背景も十分に理解していなかった当時とは違い

今読めば新たな見方ができると思った矢先

 

タイミング良く

身近なロイヤルお姉様が貸してくださったのです

 

 

 

初見のとき、「嗚呼、オスカルが男性だったら…」

と考えていた少女だったわたし

 

この歳で読み返してみて

何て愚かだったのかと感じました

 

女性だからこその美学や

気高い生き様

 

完璧すぎて共感というよりも

ただただ尊さを感じます

 

ベルサイユのばら

 

ベルサイユ宮殿を舞台に

マリーアントワネットを取り巻く

激動の時代を描いた物語

 

オスカル・フランソワはじめ

架空の人物もいるのですが

実際に起きた事件とのからませ方も絶妙

 

 

なにより

あの時代だったからこそ成り立ったのか

 

渦巻く野望と陰謀により企てられた計画が

あまりに杜撰にも関わらず

 

コントのように易々と成功し

混乱を招いていく様子がとても痛快で

 

突っ込みどころも満載なのも見どころだと思います

(と言いますか、それがお話のメインなのかしら)

 

 

見方にとっては演出など

究極にシュールで笑えてしまう場面も豊富にある漫画なので

 

敬遠せず是非、男性にも読んでいただきたいです

 

 

 

わたしがベルサイユへ訪れたとき

宮殿よりも先にプチトリアノンへ向かいました

 

洗礼を受けるような

お墓参りに行くような

不思議な気持ちでした

 

とにかく、ただただ感慨深かったです

 

 

 

f:id:julia_crossvein:20190820104751j:image

 

乙女達のハートを鷲掴みする、素敵すぎる内装

 

 

 

f:id:julia_crossvein:20190820002403j:image

 

心から安らぎを感じた美しい素朴な風景

 

マリーが世の喧騒や貴族のしがらみから逃れたかったのがよくわかります

 

 


f:id:julia_crossvein:20190820002355j:image

 

「愛の神殿」

 

ここでマリーとフェルゼンは逢瀬を重ねたのね

 

 

 

ベルサイユのばらの感想ではなく

気が付けば去年の旅行記になってしまったわ・・・

 

 

肝心なベルサイユ宮殿は

比較的空いてはいたもの

 

やはり写真を撮るには

映り込みを避けるのがとても困難でした

 

 

f:id:julia_crossvein:20190820105722j:image

 

 

 

この服装で闊歩したいとどれほど思ったかしら

 

 

f:id:julia_crossvein:20190820105337j:image

 

 


f:id:julia_crossvein:20190820105329j:image

 

 

 

池田理代子先生の

ベルサイユのばらは 

少女漫画として歴史に残る作品ですし

 

後世にも伝えていくべきものだというお話でした

 

 

それでは本日も

薔薇のように華麗で麗しい一日を

 

 

 

 

 

 

 JULIA